日本産業衛生学会 産業衛生技術部会
トップページ > COVID19対策用換気シミュレーター

はじめに

新型コロナウイルス集団発生防止のためには,「3密」と言われる以下の3つを避けることが重要です。
  1. 換気の悪い密閉空間
  2. 多数が集まる密集場所
  3. 間近で会話や発声をする密接場面

一つ目の「換気の悪い密閉空間」について,室内の換気状態の良し悪しを簡易に見積もることができるツール「換気シミュレーター」を用意しました。

産業衛生の専門職の方(産業医,産業看護職,技術専門職など),事業場の安全・衛生に関わる安全管理者,衛生管理者,人事/総務担当などの方,およびその他必要な方が,本シミュレーターを用いて事業場内などの部屋の換気の良し悪しを見積り,その結果をきっかけに必要な改善を行い,「換気の悪い密閉空間」を避けることができます。

【換気シミュレーター】

部屋にいる人数,部屋のサイズ,室内での活動状況,換気装置の条件などを入力することにより,室内の二酸化炭素(CO2)の濃度を推定し,これにもとづいて換気の良し悪しを見積ります。事務室,会議用の部屋,集会などの場所,家庭内など,屋内のさまざまな状況で利用できます。

では実際に使ってみましょう(下の「スタート」を押すとエクセルファイルがダウンロードできます)

【本シミュレーターの使い方】

【換気の良否見積りの区分と対策】

換気シミュレーターによる見積りで得られる結果は下表のとおりです。結果に応じて推奨される対策を行ってください。

【本シミュレーターを使用する際の注意点】

【シミュレーターについて詳しい説明や解説を知りたい方はこちらから】

【免責事項】

【お問い合わせ先】

本シミュレーターに関するお問い合わせは, 宛にメールにてお問い合わせください(メールソフトが開きます)。

Copyright© 2020 - 公益社団法人日本産業衛生学会 All Rights Reserved

作成: 日本産業衛生学会 産業衛生技術部会 新型コロナウイルス(COVID-19)対応検討チーム